« 岡本太郎 ~明日の神話~ | トップページ | 読んだぶレビュー 『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄) »

2005年12月 5日 (月)

読んだぶレビュー 『ノルウェイの森』(村上春樹)

言わずと知れた名作。主要人物はワタナベ、直子、緑、レイコさん。

村上春樹の作品では、突如として重大なことが起こることが多い。しかし、文章はさらりと流れていってしまう。あることをあるがままに受け止め、抗うことをあまりしない。いや、もちろん人物たちの驚きや苦悩のようなものも書かれているのだが、あまり文章を割かれていない。
そういう潔さとでもいうような書き方が、心地の良い文章を作り出している気がした。

永沢さん(寮の先輩)の名言「ただ俺は時の洗礼を受けてないものを読んで貴重な時間を無駄に費やしたくないんだ

洗礼は時間に限らないと思う。もちろん人目に触れない名作もあるだろうが、ある程度選別された「名作」と呼ばれるものの中から探したほうが名作に出会える可能性は高い。本の大量消費の現在ではなおさらだ。

ノルウェイの森〈上〉 Book ノルウェイの森〈上〉

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノルウェイの森〈下〉 Book ノルウェイの森〈下〉

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 岡本太郎 ~明日の神話~ | トップページ | 読んだぶレビュー 『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5567/63906

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだぶレビュー 『ノルウェイの森』(村上春樹):

» 日記★ [月が綺麗・・・]
恥ずかしくも日記かきますした。 [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 19時24分

» 私的実験室 [私的実験室]
私がいろいろやってますワラ [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 19時46分

»   死は生の対極としてではなく、その一部として存在する [大学生活クロニクル]
ノルウェイ の森   村上春樹の大ヒット作。   突撃隊?が気に入ってます。   蛍を放す描写がいいという人が結構いるっぽい。そこは蛍・納屋を焼くその他短   編に収録されています。   上下巻を読み終わった後、すぐに上巻の冒頭を読み返してしま....... [続きを読む]

受信: 2005年12月 9日 (金) 19時44分

« 岡本太郎 ~明日の神話~ | トップページ | 読んだぶレビュー 『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄) »