« 読んだぶレビュー 『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄) | トップページ | 電車の中での携帯電話 »

2005年12月 8日 (木)

読んだぶレビュー 『今夜すべてのバーで』(中島らも)

アル中の痛快活劇とでも言うか、かなり面白かったです。実体験も多く含まれているらしく、もしかしてらもさんの自伝に近いんでしょうか?他の登場人物の話も笑いあり、涙あり、狂気ありです。私が気に入ったのは、吉田垂水(右足を怪我した爺さん)とその奥さんのやりとりです。書きたいですがネタバレは興ざめするのでやめときましょう。

ラジカルガジベリビンバ・システム
サロメ

今夜、すべてのバーで Book 今夜、すべてのバーで

著者:中島 らも
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 読んだぶレビュー 『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄) | トップページ | 電車の中での携帯電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5567/72301

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだぶレビュー 『今夜すべてのバーで』(中島らも):

« 読んだぶレビュー 『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄) | トップページ | 電車の中での携帯電話 »